• 최종편집 2021-09-26(일)

日本語
Home >  日本語

실시간뉴스

실시간 日本語 기사

  • MZ世代、一度にまとめて仕事して休む「4組2交代」が欲しい
    最近、若い世代職員らの4組3交代ではなく、4組2交代の適用を求める要求に対し、国内大手企業の製造現場は4組2交代へと転換する流れを見せている。 1980年代初めから2000年代初めに生まれた世代を指すMZ世代の「働く時は働き、休む時は休む」という要求が反映された勤務形態だ。 ポスコは4組2交代勤務を10年からテスト実施し、11年から全面導入した。 ポスコの4組2交代に続き、鉄鋼業界では現代(ヒョンデ)製鉄が4組2交代を推進しており、その他精油業界などでは4組2交代に対する議論が進められている。 しかし、4組3交代で勤務し、該当パターンに慣れている職員らには、1日12時間という勤務時間は、一部の労働者の間では負担だという意見が出ている。 ポスコなどこれに先立って、4組2交代を実施した企業各社は、モデル運営期間を十分置き、4組2交代へと転換する際に発生しうる副作用を最小化し、勤務パターンを変更し、職員らの満足度を向上させることができた。
    • 日本語
    2021-07-24
  • 「外国人労働者の休眠保険金、モバイルウェブで申請して下さい。”
    “외국인근로자 휴면보험금, 모바일 웹으로 신청하세요.“ 1番 「外国人労働者の休眠保険金、モバイルウェブで申請して下さい。“ 모바일 웹을 통한 외국인근로자 휴면보험금 환급 서비스 개시 モバイルWebを通じた外国人労働者の休眠保険金の払い戻しサービス開始 한국산업인력공단(이사장 박영범)은 외국인근로자가 편리하게 휴면보험금을 환급받을 수 있도록 “모바일 웹(di.hrdkorea.or.kr)을 통한 외국인근로자 휴면보험금 환급 서비스”를 2월20일부터 실시하고있다. 韓国産業人力公団(理事長バク・ヨンボム)は、外国人労働者が容易に休眠保険金の払い戻しを受けれるよう、「モバイルウェブ(di.hrdkorea.or.kr)を通じた外国人労働者の休眠保険金払い戻しサービス」を2月20日から実施している。 지금까지 보험금을 환급받기 위해선 공단 또는 보험사에 방문하거나 팩스, 우편으로 신청서류를 제출해야만 했으나 이제는 인터넷을 통해 클릭 한번으로 환급받을 수 있게 되었다. 従来は、保険金の払い戻し受けるために、公団または保険会社に訪問するか、FAX、郵便で申請書類を提出する必要があったが、今後はインターネットを通してワンクリックで払い戻しが可能になった。 공단은 지난해 6월 20일부터 외국인근로자가 찾아가지 못한 휴면 보험금을 EPS앱과 EPS시스템, 동포취업교육시스템에 로그인만 하여도 휴면보험금액과 신청절차를 확인할 수 있는 “휴면보험금 자동알림서비스”를 시행해왔다.작년 한 해 동안 30여억 원의 휴면보험금을 돌려주었는데 이는 민간보험사에서 추진한 실적 대비, 4배가 증가한 수치다. 公団は昨年6月20日から、外国人労働者が受け取ることのできなかった休眠保険金をEPSアプリとEPSシステム、同胞就職教育システムにログインするだけで休眠保険金額と申請手続きを確認できる「休眠保険金自動通知サービス」を実施してきた。昨年一年間を通して、約30億ウォンの休眠保険金を返済したこのサービスは、民間保険会社で推進した実績に比べ、4倍増加した数値である。 공단 박영범 이사장은 “하반기에는 전용보험사가 관리하는 미청구보험금에 대해서도 자동알림 서비스를 제공하는 등 외국인근로자의 생활불편 개선 및 외국인근로자의 권익보호를 위해 시스템을 지속적으로 개선해 가겠다”고 말했다. 公団バク・ヨンボム理事長は「下半期には専用の保険会社が管理する未請求保険金についても自動通知サービスを提供するなど、外国人労働者の生活不便改善や外国人労働者の権益保護のためのシステムを継続的に改善していく」と語った。 한편 “모바일 웹을 통한 외국인근로자 휴면보험금 환급서비스”는 휴면보험금 자동알림서비스를 통한 정보 우선 제공, 모바일 접수를 통한 무방문 서비스, 전담은행과 협업으로 정부3.0 취지를 인정받아 2017년 고용노동부를 대표하는 정부3.0서비스 17개 과제 중 하나로 선정되어 우수사례집에 수록된 바 있다. 一方、「モバイルWeb通じた外国人労働者の休眠保険金の払い戻しサービス」は、休眠保険金自動通知サービスを通じた情報の優先提供、モバイル受付を通じた無訪問サービス、担当銀行とのコラボレーションとして、政府3.0趣旨を認められ、2017年雇用労働部を代表する政府3.0サービス中17個の課題の一つとして選定され優秀事例集に収録された。
    • 日本語
    2017-03-10
  • 挑戦!学生が作っていく京義夢の学校 「学生が作っていく夢の学校」200個選定
    挑戦!学生が作っていく京義夢の学校 「学生が作っていく夢の学校」200個選定 京畿道教育庁(教育長イ・ジェジョン)は、「2017学生が作っていく夢の学校」を公募すると6日明らかにした。「学生が作っていく夢の学校」とは、小・中・高校生や学校外の青少年たちがプログラムを企画して、放課後、週末、祝日と長期休み中に運営する学校をいう。 公募の申請は3月20日(月)から4月3日(月)までに試合村教育コミュニティのホームページ(http://village.goe.go.kr)を通して行うことができる。 京畿道内の小中高の生徒及び小中高学齢期にある学校外の若者なら誰でも応募することができる。 「学生が作っていく夢の学校」は、京畿道31個の市・郡全体を対象に公募した後、書類と面接審査を経て、200以上を選定する予定である。 京畿道教育庁は、参加希望の学生及び保護者、教師、村教育コミュニティを対象に事業説明会を開催する予定である。 3月14日17市に京畿道教育庁北庁舎(議政府)から、3月15日17時に京畿道教育福祉総合センター(水原)で開催される。 「学生が作っていく夢の学校」公募計画、審査・選定基準、予算編成指針など事業全般に関する詳細を案内する。 一方、「学生が作っていく夢の学校」は、学校外の村の人的・物的資源を基に行われる教育活動として2015年25校から開始し、2016年に148校、2017年に200校以上で徐々に拡大している。 2016年京畿道教育研究の調査結果によると、「学生が作っていく夢の学校」に参加した学生たちの満足度が高く、進路能力・目標意識・共同体意識も成熟したことが分かった。 審査は4月中に完了され、その結果は、京畿道教育庁の補助金審議委員会の審議を経て、5月初めに発表予定である。 公募に関する詳細については、京畿道教育庁と教育支援庁のホームページ及び京義村教育共同体のホームページで確認することができる。 最終選定後は、夢の学校の生徒のためのメンターの先生のサポートを受けることができる。
    • 日本語
    2017-02-22
비밀번호 :